we listen

うつ病のメカニズム

うつ病になってしまったら注意する事

現代社会で最近際立って話題をよく耳にする事が多くなったうつ病、患者の治療の医療費を任意保険適用といった補償も増加してきており社会的にも徐々に理解されてきている傾向にありますがうつ病を発症する原因は不解明な部分もまだまだ多く研究段階であるとされています。 うつ病は発症から時間経過が経てば経つほど悪化していき治療にかかる時間も長くなっていきます。さらには入院が必要な場合もあります。治療には保険適用されますが入院治療が長くなれば保険期間内で納まらなくなってくるなどありますので注意が必要です。 うつ病の発症は自分自身では中々気が付くことができず放ってしまい悪化してしまいますので周りの助言や助けなど重要です。

原因は不解明であり仮説が存在する

はっきりしたうつ病の原因は解明されていないですがある程度の原因であるとされる仮説がいくつか存在します。神経伝達物質とされるモノアミンが不足することが原因といった仮説があります。モノアミンとは三種類の神経伝達物質からできておりセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンの三種の働きをモノアミンとされています。 モノアミンの減少する原因としては肉体的、精神的疲労が続くことでうつ病を発症してしまうに至るとの仮説がされています。具体的な例としては職場でのストレスや疲労、近親者の死、経済問題、妊娠、育児疲労、など原因が考えられる要素は人それぞれであり、また同じ境遇の両者であっても発症する人としない人がいるのは几帳面であったり責任感が強いなどの性格が影響している事も十分考えられます。