we listen

うつ病を察知する

環境と普段の生活を考える

近頃、うつ病の方が増えている気がします。 私の身近な人にも、うつ病になる方が増えてきました。 知人が病気になると、心配になり、どうしてそうなったてしまったのか、原因を考えるようになりました。 周りの方の生活を見ていると、うつ病の原因となる、ストレスを抱えてらっしゃるように思います。 ストレスの内容はその方々によって様々ですね。 会社でのストレスや、家庭での人間関係の悩み等があるようです。 そししてうつ病になる原因に、ご本人様の性格もあると思います。 共通しているのは真面目でやさしい方が多いという事です。 繊細な性格も原因なのではないでしょうか。 そしてもう一つ気になる原因は食生活です。 食生活に気を使わない方も、うつ病になる確率が高いように思います。

私の職場でも増えています

職場でも、うつ病になる方を何人か見ました。 何とか通院しながらお仕事を続けてる方もおられますが、残念な事に欠勤が続き退職された方もいます。 女性が多い職場です。 彼女達の仕事の状況はだれが見ても過酷でした。 まず、仕事量が以前より急に増えました。更に仕事の難易度も上がりました。 それだけでもストレスですが、さらに、パワハラをする上司が上にいました。 二重のストレスです。 社会人は1日のほとんどの時間を会社で過ごしますので、そこにストレスがあるのは、大変な心の負担になると思います。 上手くストレスを解消できたり、職場の状況を改善するコミュニケーション能力がある方なら、乗り越えられますが、だれもがそう出来るわけではありません。 職場のストレスが原因であるなら病気になる前に周りの人に相談する事が大切だと思います。