we listen

自己診断は危険

うつ病とその原因の仮説

気分が落ち込んだ状態になってしまうことは、誰もが経験します。しかし、楽しいことがあれば気分は回復するものです。うつ病の症状であるうつ状態にある人は、常に気分が落ち込んでいます。その状態が毎日続くと、何もする気が起きず、日常生活に支障をきたしてしまいます。 うつ病の原因としては、もともとの性格や、環境の変化といったことが挙げられています。誰しも発症する可能性のある病気です。 うつ病については、実はその原因も含めてまだ分かっていないことも多いです。しかし、その治療においては正確な原因の診断が重要とされています。医師の問診によって、原因とされる事象を探っていくことになります。ただ、性格や環境では説明できない場合もあるようです。研究が進んでゆけば、うつ病事態が解明されるでしょう。

治療の際に注意すべき点

うつ病は、以前よりもっと身近な病気になりました。一般的に周知も進み、周囲の理解もより得られやすくなっています。しかし、だからこそ、うつ病ではないかという自己診断をしてしまうというおそれがあります。うつ病の診断が医師によってなされることで、より的確な治療を受けることができます。自己診断のみで病院を訪れないことから、治療が受けられず症状が悪化するということが考えられます。 先述したとおり、うつ病の原因はまだ分かっていないことが多いです。脳の損傷や、薬品によって引き起こされるという仮説もあります。そのため、一般の人が症状のみで診断を下し、まして自己治療をしようとすることは望ましくありません。医師も、治療に関してあらゆる可能性を考慮する必要があります。