うつ病を克服する方法とは

うつ病を治療する

種類もさまざまです。うつ病の原因が知りたいならこちらをチェック!改善におすすめの方法などを紹介しています。

なぜうつ病になるのか統計的に見てみましょう。

気分が塞ぎ、物に対する興味や欲求が薄れ、心身共に疲れやすく、寝るときですら安らげないといったように辛いうつ病ですが、その原因は未だよく分かっていません。 脳内では、心身の安定に関係するセロトニンと人のやる気に関係するノルアドレナリンという脳内物質が減少している状態です。 また、統計的にうつ病になりやすい人、原因というよりは引き金となるさまざまな要因などは、これまでの研究により多くの症例が挙げられています。 まず、男女比では、女性の方が2倍近く多いことが分かっています。 考えられる原因としては、多くの女性が男性と同じように働くようになった事や、出産、育児などのストレスといった環境要因や、内因性要因としては、女性ホルモンの減少が考えられます。 その証拠に、女性ホルモンのバランスが乱れる、思春期と更年期にうつ病を発症する女性が多くいます。 ちなみに、更年期に発症するうつのことを、更年期うつ病と呼び、これは男性の更年期にも当てはまります。

性格や環境が原因となる例

今度は、性格的にうつ病になりやすい人の例をいくつかご紹介します。 生真面目で仕事熱心、執着心や依存心が強い、完璧主義者、神経質、几帳面、人から良く思われたい、他人に気を使いすぎるという人が多く、 労働面では、残業してまで今日中に終わらせようとする人や、仕事を断れない人などがうつ病になる危険が高いです。 労働環境では、昼夜逆転の夜勤の人はうつ病を発症する事が多いです。 これには、ホルモンバランスの乱れや身体的、精神的ストレスが多いことも原因として考えられますが、日照時間も大きく影響しています。 冬期うつ病という季節性のうつ病があるのですが、寒さのストレスももちろんありますが、統計的には、気温よりも日照時間の短さが影響している事が分かっています。 この他、うつ病の原因となるものには、ケガや病気により併発するケースや、生活環境の変化によるストレス、人間関係の悪化などが多いようです。

担当医師以外の医師に相談できる

うつ病の診断を受けた場合、それについての原因や治療方法を担当する主治医より必ず説明があります。病気を治すためにもうつ病になった原因を探すことが重要です。うつ病の原因が分からないと治す方法を見つけ出すことが困難になります。診療を繰り返しても改善や回復が見られない場合も多々あり、そのような場合はセカンドオピニオンといった制度を利用すると良いでしょう。 セカンドオピニオンとは主治医以外の他の医療機関の医師に病気の相談が出来る制度です。うつ病は健康保険の対象となりますが、セカンドオピニオンを利用する場合、保険がききませんのでその点が注意するところです。セカンドオピニオンを利用すること自体は、患者側にとって非常にメリットがあると言えます。

誰もが持っている可能性がある

うつ病と言っても軽い症状から重い症状までいろいろな症状があります。月に一度程度の通院で済む場合もあれば、入院が必要なほど重症な場合もあります。診断を受けるほどではない「うつ病予備群」と呼ばれる人たちは非常に多いとされています。このような人たちの場合、何割かの人がうつ病ではないと言えるでしょう。 もともと、うつ病はストレスなどの原因によって発症するというのが一般的な考えです。そう考えると全人類がその予備群であると言えるでしょう。なるかならないかということを考えるとうつ病にならない人の方がはるかに多いのです。人生においてはストレスがないということも異常であり、うつ病になる原因は誰もが持っていると考えることが必要です。

うつ病についての正しい知識を得ましょう

今のストレス社会、心身に悩みをかけている方はとても多いのです。そして、今、一番耳にする機会も多くまた患者数も多いのがうつ病なのです。うつ病は自分には関係ないと思っている人にも、隣合わせで潜んでいるもので、誰でも発症する可能性がある病気なのです。うつ病の原因は、一口には言えない程の複雑な要因が重なりあって発症したものであり、また各人により原因も異なるのです。また、自分がうつ病になった場合でも落ち込まず、前向きに治療に励むことで必ず改善にむかえるものなのです。そして、絶対に一人で抱え込んでいていはダメなのもうつ病の特徴です。どんなに小さいことでも友人や医師などに話すことにより解決への緒に繋がる事があるのです。

厄介な病気のうつ病

最近では、多くの方が多くの問題を心に抱えていることがあります。この様な問題の多くは他の人にはなかなか話すことができない問題という場合が多いのでストレスとなりうつ病に発展してしまう場合があります。

詳細はこちら

うつ病のメカニズム

うつ病は、近年非常に多くの方が発症している心の病です。社会的な認知度も高くなっている病気ですが、そのメカニズムは未だに不明瞭な点が多く、原因には多くの仮説が存在しています。

詳細はこちら

うつ病を察知する

身近な人間がうつ病になってしまうことも多いです。うつ病になる方の多くが、仕事や周辺環境によるストレスを抱えています。また、真面目な性格の方がうつ病になりやすいという統計もあるため、周囲の方の不調には注意が必要です。

詳細はこちら

うつ病に関わるストレス

うつ病が心配な方は、一度精神科に出向いて診察を受けてみることが大切です。うつ病の原因は様々な物があると言われ、人間関係だけでなく、温度変化や身体の不調も原因に繋がると言われています。

詳細はこちら

自己診断は危険

うつ病は、以前に比べて発症する方が増えているのが現状です。自分がうつ病になったのではないかと不安になった方は、一度精神科に出向いて治療を受けることが大切です。自己診断だけで大丈夫と判断することは危険なのです。

詳細はこちら